種山会計士

特例事業承継税制では、適用要件が大幅に緩和されています。
・緩和された要件は?
・適用される後継者数が拡大された?
・特例事業承継税制適用の際の注意点は?

※本記事は2018年9月4日に初公開され、2023年12月26日にリライトによる最新情報を加えました。

事業承継税制 の要件緩和

  • 事業承継税制には、一般措置特例措置(特例事業承継税制)があり、特例措置には期限がある。
  • 特例事業承継税制では、総株式数(2/3→100%)納税猶予割合(80%→100%)と緩和された。
  • 特例事業承継税制では、適用される後継者が最大3名に拡大した。

今回は「対象株数」、「納税猶予割合」、「承継パターン」について解説します。

この記事の続きを読むにはパスワードが必要です。

メルマガ会員にご登録頂いた方にパスワードをお送りしています(無料)。