2023年3月13日以降、厚生労働省より「マスクの着用について」が公表され、個人の主体的な選択を尊重し、マスクの着用は個人の判断に委ねられることとなりました。

また、厚生労働省より「新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行後の対応について」が公表され、2023年5月8日から、新型コロナウイルス感染症の位置づけは「新型インフルエンザ等感染症(いわゆる2類相当)」から「5類感染症」に移行しました。

2024年5月8日で5類感染症に移行して1年ですが、定点観測も無くなり、感染状況の把握も難しくなりました。専門家は「重症化してしまう人がいる病気であることは変わりないので引き続き一定の感染対策は必要だ」と指摘しており、複数回の感染で後遺症に苦しんでいる方がたくさんいらっしゃることもわかってきました。

【参考】NHK「新型コロナ 5類移行1年 マスク ワクチン 生活はこう変化した

当事務所では、年配の方と接することも多く、感染しないさせないことを重視し、身体的な距離(2m)が確保できるか否かにかかわらず、面談時は引き続きマスクを着用いたします。

なお、感染がご心配な方には、今後もオンライン対応(Zoom、電話等)をいたします。

何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

種山マネジメントコンサルティング株式会社
代表取締役 / 公認会計士・税理士・中小企業診断士  種 山 和 男